• ホーム
  • ケアプロストでまつ毛美人を目指す時に知っておきたいワセリンの使い方とは

ケアプロストでまつ毛美人を目指す時に知っておきたいワセリンの使い方とは

2020年04月22日
美し目とまつげ

ケアプロストはまつ毛を長く太くする効果だけではなく、まつ毛の色も濃くするため魅力的な目元になります。しかしその効果があるがゆえ、目の周りの他の部分に薬剤がついてしまった時は、色素沈着を起こし黒ずみとなります。目の下が黒ずむとクマのように見えるため、まつ毛が理想通りの形になっても、疲れた印象になってしまいます。そこでワセリンを用いた使い方があり。目の周りに塗った後のケアプロストを使うことで、周りの肌に付着しないというメリットがあります。また毎日塗るのではなく2日に1回の頻度で塗り続けことで、黒ずみを予防することもできますが、毎日使いたい人には難しいです。

ワセリンには撥水効果があり、目の下に塗っておくことでバリアを作ることができ、薬剤の付着を防げます。ワセリンは乾燥肌の人に人気のあるアイテムですが、保湿アイテムとして用いられることが多く、乾燥を防ぐ効果があります。肌表面にあるべきである天然保湿成分の代わりになり、肌に膜を張ったような状態で守り続けてくれます。ワセリンを塗ることで脂の膜が張っているような状態で、肌の内側の水分蒸発をしっかりと防ぎます。インナードライと呼ばれている人の肌内部では、さらに乾燥が強くワセリンを使う前に効果のある化粧品をつける必要があります。

このような効果があるワセリンですが、ケアプロストを使うときに用いることで、脂の膜の効果により撥水が期待できます。まぶたに薬剤がついたときに、毎回ティッシュなどで拭き取る必要がないように、毎回塗っておくと目元の乾燥予防にもなります。使い方は簡単ですし気軽にどこでも購入できるアイテムなので、ケアプロストを使うことになったら一緒に揃えておくと便利です。ケアプロストの有効成分が浸透して欲しいところ以外に塗り、ポイントは厚めに塗っておくことでさらに撥水効果が高くなります。ケアプロストでのお手入れが終わったら、綿棒でクリームを優しく丁寧に拭き取りますが、全てを取り去る必要はないです。

この方法により色素沈着による黒ずみはある程度さけることができ、長く濃く太いまつ毛に満足することができ毎日楽しくなります。ケアプロストを使い始めて効果が出るまで、2ヶ月間はかかりますが、その間毎日この使い方をすると黒ずみはないです。それに加えて専用のアプリケーターで、少しずつ薬剤をつけることは継続することで、薬剤の節約になりますし、余計な液だれを防ぎます。