• ホーム
  • まつげ育毛剤でまつ毛を生やす前に知っておくべき副作用について

まつげ育毛剤でまつ毛を生やす前に知っておくべき副作用について

2020年05月28日
美しいまつげ

まつげ育毛剤はまつ毛を太く長く濃くする作用がありますが、毛を生やす前に副作用について理解しておく必要があります。まつげ育毛剤を使っている時に発生するトラブルのほとんどが、副作用によって起こっています。まつ毛を伸ばすために気軽につけている人もいますが、実は医薬品であり医薬成分が配合されています。また安全性は確認された上で取り扱われているので、過度の心配をする必要はないですが、知っておく必要があります。医薬品は治療を目的としている薬なので、国からその薬に配合される有効成分の効果も認められているのが現状です。

まつげ育毛剤で一般的に見られる副作用は、目の下が黒ずむ色素沈着で、クマのように見えるので疲れて見えるリスクがあります。付け方に工夫をすることで、黒ずみを回避することができますが、知識を持たずにつけているとまぶた全体が黒くなるケースも見られます。まつげ育毛剤はまつ毛を太く長くするだけではなく、濃くする効果もありメラニンの生成を促進させます。このことからまつ毛の根元以外の皮膚についたときは、その部分のメラノサイトが活性化され、メラニンが生成されることになります。使用をやめることで黒ずみは薄くなっていき、元の状態になりますがまつ毛の長さももとに戻る可能性があります。

つけるときは専用のアプリケーターを使って、まつ毛の根元に薄く塗ることが大切で綿棒などでたっぷり塗るような方法は避けます。また上瞼だけに塗ればまばたきをした時に、下まつげにも付着するため両まぶたにあえて塗らないようにします。さらにクリームなどの油分の多いものを目の周りに塗っておくことで、薬剤がついても撥水効果が期待できます。そしてまぶたやまつ毛の先に付着したときは、ティッシュオフをし他のところにつかないように気をつけます。まつ毛の先についている場合は、それが他のところに知らない間に付着することが多いので、すぐに拭き取ります。

さらに目の中に入ると目が痒くなったり充血や、ゴロゴロとした違和感を感じることがありますが、使用をやめると治ることが多いです。万が一治らないときは眼科などを受診し、医師の指示に従うことが大切で、まつ毛のために無理やり継続するようなことは避けます。まつげ育毛剤は医薬品として取り扱われており、効果や効能が確実に出る代わりに、副作用も回避することができません。正しく使って問題が起これば医師に相談するスタンスで、まつ毛を育毛することが大切です。