Monthly Archives: 8月 2017

税理士選びのポイント

起業するに当たっては、税理士に会社設立代行を依頼することで、手続きがスムーズに運びます。ただ、その際気を付けたいのが税理士選びです。同じ税理士であっても、人それぞれに個性や特徴がありますし、得手不得手もあります。せっかく税理士にお願いしても、役割を果たしてくれなかったという例も少なからずあるのです。そうならないためにも、税理士選びは慎重に行うべきなのです。

さて、その税理士選びですがどのような基準で選べばいいのでしょう。税理士は先生と呼ばれる仕事です。そのため、旧態依然とした横柄な態度を取る税理士も多いのです。そのため税理士選びの基本的な基準としては、サービス業としての意識を持っている税理士を選ぶということが挙げられます。

具体的には、言葉遣いや態度が謙虚であることや、料金の説明が充分であること、さらなるサービスの向上を目指しているなどを見てください。

次に、税理士の専門分野である税金についてですが、節税に対して積極的であるかどうかを見極める必要があります。そしてもう一つ、対応の早さです。依頼した件についてすぐに反応があるかどうかは後々の作業においても重要となってくるのです。こういった点に気を付けて、よい税理士を選んでください。

税理士へ依頼するメリット

会社を立ち上げる際には、様々な手続きがありますが、ここで不備があると後々の会社運営に大きな影響を及ぼすことがあります。会社設立は最初の段階が重要とされ、個人で手続きを行うことは、特に税金面で不利になることが多いのです。そうならないために、会社設立時には、税理士に会社設立代行を依頼することをおすすめします。

会社設立を税理士に代行してもらうことで、受けるメリットには様々なものがあります。まずは会社の根本となる定款です。ここに問題があると、会社設立は長引いてしまいます。つまり、会社設立代行を利用することで、無理なくスムーズな会社設立ができるのです。ただ、定款の作成や登記は司法書士の業務となりますが、提携した司法書士に依頼することになります。

他には、税理士に依頼することで銀行融資が下りやすいというメリットもあります。また、設立後のフォローも万全で、特に専門である税務関係の処理においては、かなりの優遇処置を実感できます。

税理士による会社設立代行は、設立までのサービスと、設立後も充実したサポートが受けられ、会社運営をしていく上で重要なパートナーとも言える存在となります。会社設立を考えているのなら、迷わず税理士の会社設立代行を利用してください。